金曜日は釣曜日

suituri.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 08日

バテてます。。

先週、寝ずに釣りに行き、、、
その晩に物凄く疲れているのに足が攣って満足な睡眠が取れないまま、地元の祭だなんだでくたびれ放題の週末。
今週はバテバテで先週の釣りの更新も出来ずに金曜になってしまいました。
のんびり午後3時ごろに起き出して、リンク先のブログチェックをし今やっと更新しているところです。(笑)

というわけで先週の釣行記です♪
a0074185_1652950.jpg


2週連続で同じ渓に。。

ここはアベレージは20cm前後といった所ですが、大場所には高い確率で『奴』らがいます。
『奴』とはモチロン尺イワナ!!
前回の時も優に30を超える奴がユラユラと足元の大岩のエゴから落ち込みの白泡の中に消えて行くのを見ましたし。
隣の渓に入ったsamuel_pupa さんは見事、尺っちゃいました。

何匹かのイワナに遊んでもらいながら遡行して行くと水深のある落ち込みにぶつかりました。

落ち込みの白泡が消えるあたりから50cm程下流で流心から60cm程はずれたあたりに大きな沈み石が入っているポイント。

そう、奴の居場所!

距離をとって慎重にアプローチします。
一投目、狙った筋からずいぶんと離れた場所に落ちたフライへ奴はヌ~っと!
いや実際は、かなりのスピードで浮上して来たんですがその大きさから『ヌ~』というイメージを
受けたんです。

しかし奴は20cmほど手前でUターン、「ドラッグか?」 「見切られてるのか?」
今日は先週よりもシビアで、アベレージサイズの魚もじっくりと、フライと一緒にドリフトして見切って行く魚が多かった。

すぐにフライを打ち返すのは止めて、その場から3,4歩後退し煙草に火を点けた。
ゆっくりと煙草を吸い終えると、今まで結んであったカーブドシャンクのパラシュートフライから
先週ここで反応の良かったコーチマンウルフに結びかえた。

そのままの位置から正座をしたような姿勢で慎重にラインを伸ばし狙いの筋へフライを落とす。
何度目かで最高の位置にフライが落ちた。 流れ方も問題ない。 あとは奴がフライを銜えるのを待つだけだ。

正座のような低い姿勢の為、水面下が光って見えない。 奴は出てきているのか?

出るとしたら、この辺だろう。。。 出ろ! 喰え! 

フライの周辺に変化があったような気がしたその瞬間!!

『フッ』 とフライが水面下に消えた。

『来た~♪』 右手がロッドとラインを跳ね上げる~! 





『スポッ』
。。。。。。。
『やっちまったな~』

男は黙って遅アワセ! 男は黙って遅アワセ!
だろうよ~!!! 特に大物の場合はよ~ (涙)

もちろん2度と奴は浮いてこなかった。。

a0074185_17495171.jpg


ぜ~んぜん悔しくね~もん! デカイ魚なんか釣れなくたってい~もん!
20cm超えてりゃ一緒だも~ん!! 俺は上の魚で十分だも~~~ん。。。(涙)
[PR]

by red-bean | 2008-08-08 17:57 | 釣り


<< 憧れのカーブネット      ちょっとマイナスイオンを浴びに。 >>